読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんなのいきざま

女を楽しむ

マリー・アントワネット

1755年11月2日ー1793年10月16日

 

フランス国王ルイ16世の王妃

 

父:神聖ローマ帝国フランツ1世

母:マリア=テレジア

 

 

 【無邪気な王女】

幼少期は芸術に触れ、演奏を得意とした。

 

【結婚】

当時のオーストリアプロイセンの脅威に晒されていたため、以前までのフランスとの不仲を解消することに。(外交革命)

その一環としてマリー・アントワネットは14歳の時にフランス王太子ルイと結婚する。

 

フランス革命

王家一家でオーストリアへの亡命を試みるも、馬車に銀食器、食料品、ワイン等を積みこんだこともあり予定通りに事が運ばなかった。結果ヴァレンヌで捕まり、民衆からの信頼が失墜する。

ルイ16世はギロチンによる斬首刑に処され、その後マリー・アントワネットも同様にギロチンにかけられる。